英語 勉強

英語勉強法について

英語勉強法について紹介するサイトです。

 

口コミや効果を元にレビューをしていきます。

 

現在では、様々な勉強法が存在します。

 

書籍なども毎月出ていますし、多くの方が効率を求めて勉強に励んでいるのが分かるはずです。

 

しかし、いくら勉強をしても一向に成果が上がらない人も多いのではないでしょうか?

 

 

実際に私がそうでした。

 

何故、そうなってしまうかを考えてみると心の問題なども見えてきました。

 

まずは、なぜ、勉強法が出来なくなるのか考えてみたいと思います。

 

 

 

単純にやる気がしない

 

多くの人が最初に躓いてしまうポイントなのですが、英語を覚える以前の問題があります。

 

それは、英会話が喋れるようになりたい。

 

英語を上達してスキルアップしたいなど、高い目標を掲げてある場合が多いです

 

TOEICで900点を取るなどの目標も当てはまります。

 

崇高で高い目標があるにも関わらず、目標を達成するための勉強をしたくないと言う場合です。

 

したくないというよりも、何となくやる気が起きない場合が多いでしょう。

 

英語で目標を立てて達成出来ない人の多くのパターンがこれに当てはまります。

 

昔の私も同じように、単純に何となくやる気が起きない状態で英語学習が出来なかった過去があるわけです。

 

 

これを克服したのは、勉強を毎日やるのを習慣にしたからと言えます。

 

確かに、最初のうちは大変ですけど、2週間ほどやったら、英語学習をやらない方が気持ちが悪くなる感じになりました。

 

最初は大変ですが、とにかく習慣にすることで克服は出来た次第です。

 

しかし、次なる困難が待っていたことは言うまでもありません。

 

 

勉強方法の方向性に疑問を感じる

 

英語の勉強は出来るようになっていったのですが、次なる問題が出ました

 

それはやっている最中に、「もっと効率が良く」どんどん学習が出来る様な教材があるのではないか?

 

今のやり方は古典式で苦労ばかり多くて、実の無い学習方法になっているのではないか?

 

そのような疑念が湧いてきて、効率を求めるようになって度々勉強が中断しました。

 

新しいやり方をやってみるものも感覚的に掴めずに失敗続きでした

 

勉強の方向性のコツですが、普通に書いたりしたり暗記したりして普通に勉強するのが一番だという結論に達したわけです。

 

最新の勉強法を学ぶ時間があったら、普通の勉強の量を増やした方が英語勉強が上達することが分かりました。

 

ちなみに、英語学習を探している時に、英語学習をやる習慣が無くなってしまい振り出しに戻った経験もあります。

 

 

勉強のやり過ぎで肩こりが・・・悪化

 

勉強をし過ぎると肩こりが悪化する場合があります。

 

普通にデスクの前で延々と勉強を繰り返していると、背中が痛くなったり、体が痛くなったりする場合も多々あるのです。

 

その場合ですが、やっぱり休むところは休まなければいけません。

 

体を悪くしてまで英語の勉強をしてしまったら本末転倒です。

 

これには気を付けなければいけません。

 

病気になると英語の学習が出来なくなりますし、腰痛と戦いながらも勉強をしてしまうとどうしても効率が上がらないわけです。

 

それを考えれば、ペースを考えて休むところでは休むことが大事となります。

 

 

 

勉強に完璧さに求めてしまう

 

勉強に完璧さを求めてしまうのも困った症状の一つです。

 

特にネイティブスピーカーに憧れてしまうのも困った症状と言えるでしょう。

 

リスニングなどでネイティブの発音が出来ないと悩む人も多いです

 

しかし、元々英語と日本語では発音などの周波数が大きく違うので普通の日本人がネイティブスピーカーの様に喋るのは難しいと言えるでしょう。

 

難しくさらに難易度が高いのにも関わらず意地になっている人もすくなくありません。

 

ネイティブと同等の言い回しや発音はほんとどの日本人が成功していないわけです。

 

著書などを出版している専門家やカリスマ講師などであっても成功例は少ないと言えるでしょう

 

それにも関わらず、ネイティブと同じ発音や言い回しが出来ないと・・・と思って意地になって続けてしまうパターンです

 

日本人がいうネイティブは世界的にみれば非常に狭い地域になるので、完璧な発音や言い回しをマスターしても使える範囲は大変狭いと言えるでしょう

 

それを考えれば、無駄に完璧を求めてしまう場合も少なくないのです。

 

気を付けてください。

 

 

非常にバランスが悪い

 

日本人の英語はバランスが悪いと言われています。

 

リーディング能力が世界レベルで考えても高いのですが、リスニングとスピーキング能力が極端に低いと言う現実があります

 

リスニングとスピーキングが低いと、英会話がまず出来ません。

 

本に書いてあれば、なんて書いてあるかが分かる場合が多いのですが、英語を言葉で話しかけられると、まず言葉を返すことが出来なくなってしまうのです。

 

これが日本人の英語が外国人を前にすると使えないと言われている理由です。

 

しかし、バランスよくリスニング、スピーキング、ライティング、リーディングの能力を高めれば、日本人でもちゃんと英語が理解出来るし、話すことも可能となります。

 

実践的な英語を喋りたい場合であれば、バランスよく総合力を高める必要があるでしょう。

 

英語の勉強と言うのは、正しい方向性で勉強すれば誰でも上達するものです

 

これを忘れないでください。