英語 動詞

英語の動詞

日本では英語を習うときに、一番最初に勉強するのが動詞だと思います。

 

「is am are」などのbe動詞から学習した人も多いのではないでしょうか?

 

人によって、英語学習で躓く場所は違うのですが、意外と多いのが動詞で躓いている人です。

 

文章が複雑になるにつれて、徐々に苦手意識が湧いてきて・・・という人も多いですが、最初で躓いている人も数多くいます。

 

意外と3単元のsで躓く人は少ないものです。動詞のカテゴリでは、英語の動詞を基礎から英文を交えて分かりやすく解説します。

 

英語学習では、基礎の動詞からしっかりと覚えていくことがお勧めです。

 

尚、動詞にはBe動詞と一般動詞があります。両方的確に使えるようになってくださいね。

 

 

 

動詞記事一覧

Be動詞「is am are」の使い方

Be動詞の使い方ですが、代表的な使い方として、A=Bの時に使います。とてもシンプルです。英語で最初に勉強するところだと思ってください。例をあげると、「自分(A)=先生(B)」と自己紹介する時に、I am teacher.A=Bと使います。また、主語を変えて、「彼女(A)=看護師(B)」と他の人を紹介...

≫続きを読む

Be動詞「〜にいる/ある」の使い方

Be動詞の代表的な使い方としては、Be動詞の後ろに場所を表す言葉を使い「●●にいる」などの使い方をする場合があります。「A(主語)が○○にいる」などのように場所を表したりするのです。人がどこかにいるかを伝える時は次のように使います。Richard is in the park.リチャードは公園にいま...

≫続きを読む

Be動詞の否定文

Be動詞の否定文の使い方に関して解説します。A=Bではありません。という言い方をみてください。He is not a teasher.上の文は彼は教師ではありません。という意味です。Be動詞の否定文の作り方は非常に簡単で、Be動詞の後に否定語の「not」を入れるだけになります。尚、「is not」な...

≫続きを読む

Be動詞の疑問文の作り方

Be動詞の疑問文の作り方ですが、それほど難しくはありません。むしろ、簡単と言えるかと思います。Be動詞を使った疑問文では、「〜ですか?」「〜にいますか?」などを聞くことが出来るのです。Be動詞の疑問文の作り方は、主語とBe動詞を入れ替えて最後に「?」を付ければいいだけとなります。Is Alex in...

≫続きを読む

一般動詞の肯定文の使い方

英語ではBe動詞以外の動詞を一般動詞と呼びます。Be動詞と一般動詞を区別するのは、それぞれの役割の違いと文の使い方の違いです。動詞の役割で考えてみると、一般動詞はBe動詞よりも動作や行為を明確に伝えることが出来ます。文の作り方に関してですが、主語の次に来るというのは、Be動詞と変わりませんが否定文や...

≫続きを読む

一般動詞の否定文の作り方

英語での一般動詞を使った否定文の作り方は、Be動詞を使った否定文の作り方とは少し異なります。Be動詞と違い一般動詞のすぐ後に「Not」を入れても否定文にはならないのです。一般動詞を使った否定文は、Be動詞のようにnotを直後に置くのではなく、代表的な一般動詞である「Do」を使って作ります。主語が3人...

≫続きを読む

一般動詞の疑問文の作り方

一般動詞の疑問文の作り方についてですが、疑問文もBe動詞の様には作ることが出来ません。否定文の時のように、「do」を使って疑問文を作ります。主語が3人称単数の場合主語が3人称単数以外で、一般動詞を使った疑問文を作る場合ですが文を「Do」で初めて、最後に「?」を置きます。Do you live in ...

≫続きを読む