Be動詞 否定文

Be動詞の否定文の使い方について

Be動詞の否定文の使い方に関して解説します。

 

A=Bではありません。という言い方をみてください。

 

 

He is not a teasher.

 

上の文は彼は教師ではありません。という意味です。

 

 

Be動詞の否定文の作り方は非常に簡単で、Be動詞の後に否定語の「not」を入れるだけになります。

 

尚、「is not」などは「isn't」 「are not」は「aren't」と略される場合がほとんどです。

 

I am は「I’m」となります。

 

 

それでは、Be動詞の否定文と肯定文の違いを見てみましょう

 

肯定文 否定文
You are a student.(あなたは生徒です) You are't a student.(あなたは生徒ではありません)
Mike is at the desk(マイクは机にいます) Mike isn't at the desk.(マイクは机にいません)

 

Be動詞の否定文の作り方は、上の例を見ればわかるかと思いますが、Be動詞の後にnotをつければいいだけです。

 

難しいことはありませんね。先にお話ししたように短縮形にして使うことがほとんど直で覚えておいてください。

 

「I am not」は、「I amn’t」とはなりません。MとNが続くと発音されにくいからということで、「I’m not」と略すのが正解です。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから