Be動詞 疑問文

Be動詞の疑問文の作り方を紹介します

Be動詞の疑問文の作り方ですが、それほど難しくはありません。

 

むしろ、簡単と言えるかと思います。

 

Be動詞を使った疑問文では、「〜ですか?」「〜にいますか?」などを聞くことが出来るのです。

 

Be動詞の疑問文の作り方は、主語とBe動詞を入れ替えて最後に「?」を付ければいいだけとなります。

 

 

Is Alex in the park.
(アレックスは公園にいますか?)

 

上のは英文は、Be動詞の疑問文の例ですが、簡単ですよね

 

 

疑問文に対する答え方

 

Be動詞の疑問文の作り方が分かったら、答え方も覚えておく必要があるでしょう。

 

Be動詞の疑問文の答え方も簡単なのです。

 

Be動詞で質問されたら、YesかNoをはっきりと示して、続けてBe動詞を使って答えるようにしてください。

 

この時の主語は「he」や「she」などの代名詞を使います。

 

例を挙げると、答え方は下記のようになるのです。

 

Yes, hi is.

 

No hi isn’t

 

 

Be動詞の疑問文からの答え方までの例を見てみましょう。

 

Be動詞の肯定文
You are students.
(君たちは生徒です)

 

 

Be動詞の疑問文
Are you students?
(君たちは生徒ですか?)

 

 

Be動詞の疑問形に対する答え方

 

Yes, we are./No, we aren’t.

 

はい、そうです/いいえ、違います

 

 

Be動詞のポイント

 

@肯定文 主語+Be動詞 〜

 

A否定文 主語+Be動詞+否定語(notを入れる)

 

B疑問文 Be動詞+主語〜?(疑問文はBe動詞が先に来る。語尾に(?)を入れることを忘れないようにする)

 

C疑問文に関する答え方は、 Yes,主語(代名詞)Be動詞 もしくは、No,主語(代名詞)Be動詞+否定語で答えるようにする。

 

 

Be動詞の疑問文の作り方などは、レベル的にも簡単でちょっと覚えればわかることです。

 

頭を柔らかく考えればすぐに分かる事でしょう。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから