英語は文法を100種類覚えるのを目標にする

英語は文法を100種類覚えるのを目標にしてください。

英語のコツなのですが、最低でも100種類の文法を覚えることを目標にした方がよいでしょう。

 

尚、日本人と言うのは文法が得意な民族と言われています

 

何故なら、中学生から英語を始めた人でもとにかく「文法、文法」で来たので比較的とっつきやすい人も多いはずです。

 

どれ位の文法を覚えればいいかですが、最低でも100パターンほど覚えます。

 

 

これ位覚えないとスピーキングなどで喋ることが出来ません。

 

100種類の文法パターンを覚えて、それを基本のパターンにします。

 

そして、述語や単語の入れ替えることを基本にすれば英会話は成立するはずです。

 

100パターンの文法を覚えるのに、必要なのは難しい英語ではありません。

 

 

中学一年生から高校一年生までの英語で構いません

 

基本の英語で問題はないです。

 

100種類の文法を覚えるコツですが、まずは本屋に行ってください。

 

 

そして、一番簡単そうな文法の本を購入してきます。

 

もちろん、参考書でも問題集でも文法のパターンが覚えられるのではあれば、なんでも構いません。

 

 

 

 

英語の文法を覚えるコツ

 

英語の文法を覚えるコツですが、一通りやって終わりにしないでください。

 

1回しかやらないようなものだと、すぐに忘れてしまうのがオチです。

 

そうならない為には、反復練習が大変重要となります。

 

一つの教材が終わるとすぐに別の教材に行く人がいますが、初級者や中級車では望ましくない行為と言えるでしょう。

 

中には、一つの教材が終わる前に次の教材に行ってしまう人もいますが・・・

 

話はずれてしまいましたが、文法を100種類覚えるとしたら、一つの教材を徹底的に反復練習した方が絶対に英語力は上がります。

 

 

 

もちろん、その教材が優良なものであることは言うまでもありません。

 

特に学んだ文法をスピーキングにつなげる場合などは、暗記する位まで反復練習を行わなければだめです。

 

それくらいの勢いで最低でも100の文法を覚えてください。

 

文法を100覚えて、述語や単語を入れ替えるだけで英語は何とかなることが理解できれば英語を見る世界がかなり変わってくることは間違いありません。

 

これだけは事実なので100の文法を覚えるのにチャレンジしてみてくださいね

 

欲を言えば200覚えたいところですね。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから