日本人が英語を苦手とする理由

日本人が英語を苦手とする理由

日本人が英語を苦手とする理由を解説いたします。

 

海外留学の経験があれば、別ですが、多くの人が当てはまるはずです。

 

日本人が英語を苦手とする理由は、社会、理科、数学などと同じように論理的に考えてしまうのが原因と言えます。

 

それの元になっているのが、昔ながらの英語教育です。

 

 

日本の英語教育に問題がある

 

小学校、中学校、高校・大学などで英語の学習をしますが、どのような勉強をしているでしょうか?

 

ほとんどの場合で、文法などで理論や知識を頭に叩き込まれたはずです。

 

もちろん、理論中心の勉強なので、英語の点数を取るためには理論を覚えるしかありません。

 

この理論をしっかりと覚えれば、テストで高得点を取ることも可能でした。

 

この勉強習慣が残っていると、社会人になって勉強することになった時に、知識や理論ばかりを頭に入れてしまいがちです。

 

しかし、この勉強法だと中々実践で使える英語は育ちません。

 

理論だけだと、リスニングやスピーキングが育たないのでいつまで経っても実践で役に立たない事になります。

 

日本人が英語を苦手とする理由の中で、一番の原因が知識や理論中心の勉強方法が原因と言えるでしょう。

 

 

日本人が英語を上達させるには?

 

先に日本人が英語を苦手にする理由として知識や理論中心の勉強にあると言いました。

 

しかし、元々高い論理的思考に反射的に言葉が出てくるような能力を学ぶことで飛躍的に英語力が伸びます。

 

もともと、反射的な英語が苦手な日本人に反射的に言葉を返せるような能力を身に着けさせればすごく英語力が伸びると言うことです。

 

反射的な英語を苦手とする日本人が如何にして、勉強していけばいいかは、体を使って覚えていくことが大事と言えます。

 

別にスピーキングを使う時に、体全体を使って身振り手振りでスピーキングを行えとか、そういう事ではないので安心してください。

 

本来あるべき英語学習法を勉強すればいいだけです。

 

あなたは、日本語を喋っていますよね?その時に、論理的に主語の次は述語を言ってなどと考えてはいないと思います。

 

あなたが、日本語をしゃべる時の様に、自然と英語学習をしていけばいいだけのことです。

 

説明が長くなってしまいましたが、英語を何年もやっているけど、全然上達しない様な人は自分の英語学習について見直してみてください

 

学問の様な理論中心で覚えていないかのチェックは必要でしょう。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから