英語は音読が大事です。

英語は音読が大事です。

英語において重要なのは、音読です。

 

声に出して読むことが大事となります。

 

テストだけでなく実践的で外国人とコミュニケーションが取れる英語を目指すのをあれば、なおさら必要でしょう。

 

 

音読が大事な理由

 

例えば、数学や社会、科学のような勉強であれば音読はあまり必要がありません。

 

どちらかと言えば、手で書いて暗記したりすることの方が重要になるはずです。

 

しかし、英語の場合は、話が違ってきます。

 

音読が非常に重要になってくるのです。

 

何故かと言えば、英語はコミュニケーションだからです。

 

文字を書いて筆記でコミュニケーションを取るのであれば、発声は必要ありませんが、多くの場合は会話で言葉が成り立っています。

 

それを考えると、音読により発音練習などを学ばなければいけません。

 

声を出さずに、頭の中だけで読むのではありません。

 

英語を音読で声に出して読むことが大事になってくるわけです。

 

 

 

音読はどれ位やればいいの?

 

音読なんだけど、1日にどれ位の回数をこなせればいいの?と質問されることがあります。

 

それに対して、私の答えは決まっています

 

「多ければ多いほどよい」と言うことです。

 

スポーツであればハードな練習のやり過ぎは、疲労骨折などの原因になります。

 

しかし、勉強に関しては別です。

 

たくさんやればやるほど、英語が上達していくことになります。

 

もちろん、効率のよい勉強であればなおさら良いと言えるでしょう。

 

どれだけ音読がすればいいかは「多ければ多いほどよい」が答えになります。

 

 

 

音読の副産物

 

最近の研究で英語だけでなく、音読が再評価されてきています。

 

音読することで、脳の機能が活性化されるなどの効果も言われているわけです。

 

音読することで、舌や口をもちろん動かします。

 

他にも、自分の出した声を耳で聞きとる事が出来るわけです。

 

その結果として、運動能力の向上などにも役立つとされています。

 

さらに、音読を徹底的に繰り返した結果として、英語で考えなくても反射的に言葉が返せるようになるともされているわけです。

 

英語の勉強教材には種類があります。

 

大きく分けると「リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング」に分類されるはずです。

 

どの教材にも、音読を取り入れてみることをお勧めします。

 

もちろん、1回だけ音読をするわけではなく、何百回と体にしみこむまで行うがポイントです。

 

1回や2回で体で染み込むはずがありません。

 

現在は、TOEICなどの資格試験もありますが、何百回もした音読の効果を実感出来ている方はとても多いです。

 

脳科学の世界でも、極めて有効な方法だと効果が認められています。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから