英語漬け生活の疑問

英語漬け生活に対する疑問点

英語漬け生活に対する疑問点のお話です。

 

よく英語以外の言葉が使えないような「英語漬け生活」をすることで英語が普通にスラスラと喋れるようになると考えている人がかなり多いです。

 

しかし、多くの場合が英語漬け生活をしても、英語が上達することはないでしょう。

 

 

特に、最近では日本の英語教育非難論が主流になっています。

 

「文法」ばかりを重視する勉強法では、いつまで経っても喋れるようにはならないとか、実践で使える英語は育たないという考えです。

 

そのような、文法を完全否定する人は「完全英語漬け生活論者」の考えで固まっていくことが多いと言えます。

 

簡単に言えば、英語しか使えない環境に身を置くことで、自然と英語が喋れるようになるという考えです。

 

 

「実際に、私達日本人が、日本語を喋れるのは小さい時から、日本語だけの生活に慣れ親しんでいたからだ」という考えとなります。

 

この考え方は、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、実際には英語漬け生活をしても、効果があるのは子供だけとされています。

 

 

英語漬け生活が役に立たない理由

 

英語漬け生活が大人になってしまった、私達に何故役に立たないのかをお話しします。

 

まず、私達は生まれてから日本語漬け生活を送ってきました。

 

日本語だけの環境に身を置いてきたわけです。

 

しかし、日本語を喋れるようになったのは、いつでしょうか?

 

大人のちゃんと会話できるようになるには、それなりに時間が掛かったかと思います。

 

保育園の頃では、大人としっかりとした発音で喋れていたでしょうか?

 

ゆっくりとした言葉で、日本語を喋っていたのが普通だと思います。

 

小学校の6年生くらいになると、新しく入ってきた1年生がやけに子供っぽく感じたことがあるはずです。

 

つまり、子供が日本語漬けの生活をしても、ちゃんと喋れるようになるには何年もかかります。

 

 

これを大人が英語圏に行き、英語漬けの生活を送ったとしても何年も時間が掛かるのが普通です。

 

10年掛かってもおかしくはないでしょうか?

 

あなたの知り合いで英語圏で生活した人がいれば、1年とか短期間の英語圏で生活してみて英語が喋れるようになったか確認を行ってください。

 

多分ですが、英語漬けの生活を送ったにも関わらず、普通に会話すら出来ない人も多いかと思います。

 

 

英語漬けの生活をすれば、簡単に英語が覚えるとかは、幻想に過ぎません。

 

英語圏で海外生活を行っても、一向に英語が上達しない人もすくなくないわけです。

 

覚えておいてください。

 

何故、喋れるようにならないかは、英語の文法に関する知識が無いからです。

 

文法力が低い状態で、英語圏で生活しても英語は喋れるようにならない事が多いと言えます。

 

これは、研究結果などでも出ていることです。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから