アメリカで生活しても英語が喋れない理由

アメリカ生活をしても英語が喋れない理由

英語圏で生活すれば自然と英語が口から出るようになると考える人がいます。

 

しかし、最近の研究結果では、アメリカで生活して自然と口から英語が発せられるようになるには、17歳までが限界とされているそうです。

 

つまり、17歳を過ぎた方であれば、アメリカで暮らしていても中々英語が口から出ることは少ないとされています。

 

 

子供は頭が柔らかいので自然と体に身に着ける事が出来るそうです。

 

しかし、大人はそうは行きません。

 

硬くなってしまった頭では、アメリカ生活を送っていれば自然と身に付くことはないようです。

 

 

現実問題として、アメリカ生活を5年送っているのに、全く英語が上達しなかった人もいるとされています。

 

アメリカに長期間住んで、自然と英語が話せるようになるは、幻想だと言うことが研究によって分かってきたのです。

 

 

どうすれば英語が喋れるようになるのか?

 

それでは、アメリカで生活しても英語が喋れるようにならないのであれば、どうすれば喋れるようになるのでしょうか?

 

短期間で英語をマスターするのに重要になるのが、文法です。

 

学校で教えてくれる文法がカギになります。

 

ところで、あなたは日本語を覚えるには文法を意識したことがあるでしょうか?

 

ほとんどの人が文法を意識しなくても喋れるはずです。

 

しかし、これを可能にするには、10年とか長い月日が掛かってしまいます。

 

大人であれば、それ位かかるのが妥当とされているのです。

 

文法を覚えることで、アメリカ生活をしなくても英語が短期間で喋れるようになるというデータが最近では出ています。

 

中学生から高校1年生位の文法をマスターすることで飛躍的に英語が伸びるそうです。

 

文法のレベルを上げた上で、アメリカ生活を送った場合は、かなりの確率で英語が喋れるようになります。

 

これらも最近の研究結果で、文法の大事さが見直されてきた原因と言えるでしょう。

 

ただし、文法ばかりを勉強しすぎても英語は喋れるようにならないので注意が必要です。

 

英語学習においてはバランスが本当に大事だと感じたりするのは私だけではないでしょう。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから