英語の文法はどこまで勉強すればいいのか?

英語の文法はどこまで勉強するべきか?

英語の文法はどこまで勉強するべきでしょうか?

 

日本人は文法ばかりを重視しすぎるために、英語がいつになっても反射的に喋れるようにならないとされています。

 

しかし、文法を全く知らなくても英語が喋れるようになるわけではありません。

 

文法抜きで喋れるようになるのは、子供だけです。

 

大人は文法抜きで英語が喋れるわけには行きません。

 

ただし、文法だけでも喋る事が出来ないのが現実です。

 

簡単に説明すれば英語はバランスが大事ということが言えます。

 

絶対にいけないのが、「英語は全て正しい文法で喋る事が重要だ」と言うことです。

 

 

 

英語評論家になってはならない

 

英語の文法の学習を始めると、どうしても英語評論家になってしまう人がいます。

 

つまり、英語の文法に関する知識をドンドン吸収して理論的に英語を学ぶ人たちです。

 

確かに、評論家を目指すのであれば英語の文法の知識は絶対的に必要となります。

 

しかし、英語を喋れるようになりたいのであれば、そこまで専門的な知識は必要としません。

 

何度も言いますが、英語はバランスが大事だと言うことです。

 

 

どこまで文法の知識が必要か?

 

どこまで文法の知識が必要かですが、中学生から高校1年生レベルで十分です。

 

そこから先は、勉強時間に対しての費用対効果がどんどん減っていきます。

 

もちろん、ここでいう文法の知識と言うのは、初歩的な英語で喋ることを目的とした場合です。

 

逆に高校1年生以上の文法まで詳しく知ってしまうと、知り過ぎてしまって英語を使うのにブレーキが掛かってしまうことも少なくありません。

 

よって、日常会話のレベルで考えれば基礎的な英語の文法を勉強するだけで構わないです。

 

ほどよいレベルまで文法を覚えたのであれば、徹底的に音読して自分の体で覚えていきます。

 

頭で覚えた文法の知識を口に出したりして、体で覚えていく作業をするわけです。

 

 

英語の文法を勉強するために大事なこと

 

英語の文法を覚える上で大事なことは、覚えた文法を使っていくことです

 

頭で覚えているだけでは、いつになっても英語を使えるようにはなりません。

 

使ってこそ役に立つものですし、本当に知識が身に付くわけです。

 

頭の中で知っているだけでは、実践ではいつまで立っても役に立ちません。

 

特に熱心に文法をする人は、気を付ける事が大事です。

 

覚えた文法なども口に出して話すことを忘れないでくださいね。

 

音読して体で覚えた英語こそ実践で役立つものです。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから