英語学習について

英語は総合力が大事です。

英語はバランス

 

英語で重要なのは、総合力だと私は思っています。

 

仕事であれば、苦手なことは人に任せることも出来るでしょう

 

しかし、英語と言うのは、人に任せるわけには行きません。

 

英会話でもTOEICなどでも自分レベルを高めていくしかないのです。

 

英語力のバランスがよいとやっぱり、総合力がついて普通に英会話をネイティブと楽しんだり出来ることになります。

 

しかし、一部の能力が高いだけで、総合力が低いと普段使う英語には適応能力が無かったりします。

 

このことから英語学習では総合力を身に着ける事が大事です。

 

 

英語は総合力とは

 

英語の総合力とは何のことでしょうか?

 

意味が分からない人もいるかと思いますので、説明をします。

 

私が言う英語の総合力は「リーディング力+ライティング力+スピーキング力+リスニング力=英語の総合力」という考えです。

 

これをバランスよく成長させることで、日常で使える英語が成り立つようになっています。

 

 

日本人の英語はバランスが悪い

 

日本人の英語は非常にバランスが悪いと言えます。

 

これは多くの専門家も指摘することで事実でしょう。

 

英語の総合力で言えば、それほど低くはないのですが、能力のバラスが悪いので結局使えない事が多いのです。

 

日本人の場合ですが、リーディング能力が極端に高くて、ライティングスキルはまあまあのレベルと言えます。

 

しかし、日本人はリスニングとスピーキングが極端に低いので英会話などで使い物にならない事が多いのです。

 

実際にほとんどの日本人の人が英語は読むことが出来るかと思います。

 

読めるけど、書くことになるとちょっと苦手にあり、発音したり聞き取るとなると全然ダメという人が多いはずです

 

実際に私がそうだったのでよくわかります。

 

 

外国人の英語はどうなのか?

 

これに対して、他の外国人の非ネイティブの場合はどうなのでしょうか?

 

実際に研究した人がいて、結果は一つ一つの技能の関しては大したことはないがバランスが取れているそうです。

 

多くの外国人は、リーディングは日本人に比べてかなり劣るとされています。

 

ライティングになると、少し劣る位になるそうです。

 

しかし、スピーキングとリスニングに関しては、圧倒的に日本人よりも優れている結果がました。

 

外国人は、日本人に比べて圧倒的に総合力のバランスがいいわけです。

 

つまり、外国人の場合は、英単語もあまりよく知らないし、文法も間違っているけど、聞くこと、読むこと、話す事、書くことが出来るとされています。

 

外国人の方が日本人に比べると総合力では高くなり英語が日常で使える場合がおおいわけです。

 

総合力が高いことで、英語をある程度理解出来て使うことが出来るために、英語を使って積極的にコミュニケーションも取ることが出来ます。

 

しかし、日本人も英語の総合力を身に着ければ十分に外国人とコミュニケーションを取ることが可能です。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから