英語が難しい理由

日本字が英語が難しい理由

日本人が英語を難しいと感じる理由について考えてみました。

 

日本人だと数学や理科、社会、国語などが得意であっても英語だけ苦手と言う人が多いでしょう

 

さらに、テストの点が良い生徒でも実際にネイティブと話が出来ない場合も少なくありません。

 

何故、日本人は英語が難しく感じるのでしょうか?

 

これに関しては、日本人の英語の捉え方に問題がありました。

 

 

英語はコミュニケーションです

 

日本人が英語が難しい理由は、英語を学問として考えてしまうことにあります。

 

英語と言うのは言語です。

 

つまり、コミュニケーションで使うものとなります。

 

普通で考えれば一番重要なのは、リスニングとスピーキングになるはずです。

 

しかし、日本人の場合は、リスニングとスピーキングが最も苦手と言う人が多いと言えます。

 

これが日本人が英語が難しいとされる理由なのです。

 

 

英語が難しいと感じる理由

 

日本人が英語を難しいと感じる理由ですが、多くの日本人が英語を誤解していることが大きな原因となります。

 

日本人の場合は、英語を数学、社会、理科などと同じように考えていることが英語を難しくしている原因です。

 

他の教科と同じように考えてしまうと、知識や理論をドンドン吸収していけば英語が出来るようになると考えてしまうのではないでしょうか?

 

しかし、この学問の様に考えるのは、英語を難しくさせているだけです。

 

この知識と理論を重視してしまうのが、間違った英語学習になります。

 

 

英語は感覚が大事

 

それでは、理論を外してどうすればいいかですが、英語を難しく考えずに感覚で覚えるようにしていきます。

 

英語を理論とか知識だとか、考えずに技術として考えていきましょう。

 

日本人の場合は、文法とかの理論とか知識に拘り過ぎて英語が難しいと感じる場合が多いようです。

 

しかし、英語が難しい理由が分かれば、コツは掴めてくると思います。

 

学問として考えてしまうと、英語が身に付くことは一生ないです。

 

知識を増やすだけでなく、反射的に言葉を返せるようになることも大事と言えるでしょう。

 

英語を難しいと考えいる人は、感覚的に体で覚えていくと言うことが大事になるはずです。

 

よく覚えておいてください。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから