英語のシャワーが無意味な理由

英語のシャワーが無意味な理由について

英語のシャワーが無意味な理由を解説いたします。

 

英語のシャワーと言うのは、朝から晩までとにかく英語を聞きまくると言う事です。

 

これについては、英語のリスニングに対するよくあるアドバイスにもなってます。

 

 

このアドバイスは、毎日、朝から晩まで英語をシャワーのように聞きまくれば、耳がなれてきて自然に英語を聞き取れるようになると言う事です。

 

確かに、これは一部の方には、すごく有益なリスニングのアドバイスんなります。

 

しかし、この一部の人と言うのはTOEICの点数で800点以上の成績を残せることが条件です。

 

 

これに当てはまらない人は、英語のシャワーを浴びまくるのは無意味な事になります。

 

実際に私の話なのですが、私は英語のシャワーを浴びまくれば英語をある日突然理解出来ると信じていた時があったんです。

 

それも高速で聞くことでさらに、覚えるのを加速できると考えていました。

 

 

もちろん、通勤の最中はずっと聞きまくります。もちろん、家に帰る道中もずっと聞きまくりました

 

家に帰っても無理して英語を聞いていたわけです。

 

これを3カ月続けたのですが、英語は一向に聞こえるようにはなりませんでした。

 

 

つまり、空き時間のほぼすべてを英語シャワーに費やし3ヶ月間浴び続けたのですが一向に成果は上がりませんでした。

 

今考えると、本当に無意味なことをしたと思っています。

 

いつまで経っても英語が雑音にしか聞こえなかったのです。

 

 

これについては、理由がちゃんと存在します。

 

英語学習のやり方が悪かったのです。

 

結論を言うと「音と単語が合致」していないと聞き取れることはない。

 

 

これが分かったことです。

 

 

どの単語がどの音かが分かればリスニングは向上しますが、単語が分からない状態で音だけ聞いていても無意味で決して理解することは出来ません。

 

この事に気がついたのが大きかったです

 

つまり、単語が分かっていない状態では、いくら英語のシャワーを浴びても無意味になってしまいます。

 

ある日突然、英語が聞き取れるようになることなんてあり得ません。

 

 

逆を言えば単語を理解した上での英語のシャワーは非常に有効なわけです。

 

私は勉強の仕方を間違っていたために、英語のシャワーが無意味になってしまいました。

 

でも、近年、英語の速聴ブームが沸き起こっています。

 

 

昔の私と同じ状態になってる人は意外と多いのではないでしょうか?

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから