英語で劇をやってみようの口コミを徹底検証!!

英語で劇をやってみようの口コミを徹底検証!!

英語で劇をやってみようの概要

 

本当の英語力を身につけたいのであれば、教科書的なお勉強だけでは間に合いません。

 

文法を逐一正しく学んだり、日本人先生の発音にあわせて読む練習をしたりするのも意味がないわけではありません。

 

しかし、それらの学習方法を通して実際に英語が話せるようになった、聞き取れるようになったという日本人はほとんどいないのが現状なのです。

 

その点、「英語で劇をやってみよう」では、生きた英語を身近に感じることができます。

 

 

ここからが重要

 

「英語で劇をやってみよう」には、「かぐやひめ」「浦島太郎」「シンデレラ」という三つのよく知られた物語が、簡単な英語の脚本となっておさめられています。

 

誰もがよく知っているこれらの物語を英語で演じてみることによって、英語がより身近になり、かつまた文法法など小難しいことを経なくても日本語と英語の意味の交換を実感できるようになるのがメリットです。

 

ただしこの本のデメリットとしては、発音の難しさまでは習得できないということがいえます。

 

本物の英語圏の人に監修、指導してもらわないと、やはり単なる和風英語になってしまって実用的な英語力、コミュニケーション力にまではつながっていかないのです。

 

とはいえ、英語に親しむきっかけとなるのは間違いありません。

 

 

 

英語で劇をやってみようの口コミ

 

口コミ1 20代女性

 

 

英語で劇をやってみようは、名前で興味を持って手に取ってしまいました。

 

確かに、面白そうだとは感じますが、一緒にやってくれる人がいません。

 

1人だけで英語の劇をやっているわけにも行かずに、実践的ではないかと思いました

 

英会話教室とかに通っているとか、劇団関係者の方であれば申し分ないと思いますが、英語仲間が少ないし、劇とかやるような人の知り合いがいないので現実的に行うのが難しいです。

 


 

口コミ2 40代男性

 

 

英会話教室には20代の中盤位から通っているのでそこそこ英語が出来ます。

 

英語で劇をやってみようは、通っている人が持っていて、終わった後のお茶会の時でやってみることにしました。

 

誰でも知っているおとぎ話ということで、簡単かと思ったけど、実際にやってみると劇のむずかしさが分かります

 

英語がある程度、喋れる人であっても演劇のプロではないから、棒読みっていうか滑稽な感じになりました

 

英語の奥深さを改めて理解することが出来ました。

 

割と好きですね。英会話教室とかの先生であれば学芸会とかで実践してみるのもよいのでは?

 


 

口コミ3 30代男性

 

 

「英語で劇をやってみよう」みたいな内容であれば、子供たちが文化祭とかでやるのに適していると思う

 

社会人だと、こういう機会は少ないので、やる人を集めるのに時間が掛かると思いました

 

でも、これが成功出来れば何となく英語の壁を乗り越えられそうな気もします

 

劇と英語に興味があるサークルに所属している人はやってみればいいと思う。

 

もちろん、覚えるための勉強もするから、スピーキング力などは実力が上がると思いました

 


 

英語で劇をやってみよう

 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから