ネイティブスピーカーの様に話せなくて当たり前です。

ネイティブスピーカーの様に話せなくて当たり前です。

日本人がネイティブスピーカーの様に話せないのは当たり前です

 

何故なら、どうしても日本語独特のなまりが抜けない場合が多いからと言えます。

 

しかし、極論を言ってしまうとネイティブスピーカーと同じ発音や言葉のニュアンスを完璧に覚える必要があるかと言う事です。

 

 

確かに、ネイティブの発音に憧れて英語を始める人もいるでしょう。

 

あの様に喋れたら素敵と思って英語を始める場合もあるはずです。

 

しかし、現実問題としては不可能と言えます

 

 

ネイティブ独自の言葉の言い回しや完璧な表現を日本人が行うのは不可能と言えるでしょう。

 

感覚の違いなどは明確だからです。

 

さらに、私たち日本人は第二の言語として英語を学ぶわけです。

 

 

実際に勉強している人でも、ネイティブスピーカーになるための勉強をどれくらいやっているのでしょうか?

 

多くの方が仕事などを持っていて、毎日8時間を費やすとか起きている時間すべてネイティブスピーカーになるために捧げるなんてい言うのはまず不可能でしょう。

 

 

それを考えれば、日本人が完璧なネイティブスピーカーの様に話すのは無理と言えます。

 

逆を言えば、毎日、英語の勉強をしている人の方が少ないのではないでしょうか?

 

1週間に3回学校に行くなど勉強している人がいるとします。

 

 

これでは余程の天才的才能を持った人であっても完璧なネイティブスピーカーを目指すのは不可能と言えるでしょう。

 

例を出すとすれば、アメリカはNBAと言うバスケットボールが人気があります。

 

 

日本人のバスケット選手はNBAでは全くと言ってよいほど活躍が出来ていません。

 

週3回の英語レッスンでネイティブになると言うのは、週3回バスケットボールの練習をしてNBAを目指すと言うのと、同レベルの難易度があります。

 

 

そこまで難しくはないだろう!!と思う人もいるかと思いますが、ネイティブ独特の言い回しや発音などを完璧に理解するには、NBAと同等の難易度があると私は思っています。

 

それくらい難しいわけです。

 

確かに、限りなく近づくことは出来るかも知れませんが、完全なネイティブにはなれないでしょう

 

 

ただし、日本人が完全なるネイティブになる必要は一切ありません。

 

これだけは間違いないです。

 

 

日本人が完璧なネイティブを目指すのは「ないものねだり」と同等と言えます。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから