アメリカ英語の標準語は少数です。

アメリカ英語の標準語は少数派です。

私達は、英語が喋れることに憧れを持っている人もすくなくありません。

 

もちろん、外国人とコミュニケーションを楽しむためや海外旅行をさらに楽しむために勉強する人もすくなくないでしょう。

 

しかし、我々が覚えようとしたり、憧れたりする米国英語の標準語はごく一部の地域で使っているだけです。

 

 

英語と言うのは世界の標準語だとされています。

 

英語をコミュニケーションの基本にしている人たちは、地球上に3億5000万人いると聞いたことがあります。

 

しかし、イギリスの英語とアメリカの英語が違うとも言われているのを聞いたことがある人も多いはずです

 

我々日本人が目指す英語は、「標準米語」と呼ばれている種類の言語となります。

 

 

私達がネイティブスピーカーともてはやす標準米語ですが、使われている圏内は意外と狭いものです。

 

アメリカ合衆国の中西部からカリフォルニア西海岸位と、東海岸の一部に住む人だけとなります。

 

それも裕福な生活を送っている人たちの言語です。

 

 

つまり、アメリカ本土で多くの人がバリバリ使っているわけではなく、一部の地域に限られています。

 

それをほとんどの日本人が「ネイティブ」ともてはやして必死に勉強している現実があるのです。

 

ちょっと、滑稽な気もしますね。

 

 

しかし、英語はシンガポールやオーストラリアなどでも公用語として使われています。

 

さらに、日本であればネイティブと会話する機会よりもノンネイティブと会話する機会が方が多いのではないでしょうか?

 

旅行に行ったとしても、ネイティブ英語とは違った英語で喋る可能性の方が多いわけです。

 

それを考えてみると、英語のネイティブスピーカーの独特な言い回しや発音に拘るのは合理的とは言えません。

 

 

私達が目指すべき英語とは

 

先ほどの話で考えると、私達が望んでいるネイティブスピーカーが如何に少数派で実践する機会が少ないことが分かるでしょう。

 

実際に私たちが目指すべき英語と言うのは、世界中で通じる英語になります。

 

ネイティブ独自の言い回しではなく、確実に相手に伝わる英語こそ、実践的でとにかく世界中で役立つもののはずです。

 

それを考えれば、アメリカ英語の標準語というのは、使っている人は少数で一種の方言のようなものと考えた方がよいと言えます。

 

アメリカの標準英語だけど、求めるのは実用度で考えれば、非常に低いと言わざるをえないはずです。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから