英会話は積極性が大事です

英会話で大事なのは積極性です。

英会話で大事なのは積極性だという事です。

 

スピーキングなどでは特に重要なことと言えるでしょう。

 

日本人は世界的に見てもシャイな国民性だとされています。

 

人間関係において積極的に行かない人が多いですし、控えめなのが美徳とされている場合もある位です。

 

しかし、英語学習で考えてみると積極的に行かなければマイナスとして働くこともあるでしょう。

 

というか、英会話などやスピーキングの重要なのは積極性です

 

陽気な外国人などは、日本人と違い積極的にどんどん喋りかけていくのが普通と言えます。

 

完璧な日本語ではなくても、文法や発音などお構いなしの英語で話す人も少なくありません。

 

それと同じことを日本人もやった方が英語上達には役立つはずです。

 

特に英会話やスピーキングにおいては必須と言えるでしょう。

 

 

英語は正確に言えなくても構いません

 

我々日本人が英語を覚える上で大事なのは、正確さではありません。

 

間違っていてもいいので、覚えたものは積極的に使う姿勢が大事です

 

特に英会話では積極性が大事となります。

 

相手に伝わればいいや・・・くらいの気持ちで行くことも大事と言えるでしょう。

 

昔、某有名英語教材で「突然、口から英語が飛び出したら使おう」と言っている人がいました。

 

しかし、あれから1年以上が経ちますが、口から一向に英語が飛び出さないので英会話がまったく出来ない人もいます

 

これはかなり悪い例と言えるでしょう。

 

完璧さを求めずに、覚えた先から積極的に使うようにしましょう

 

完璧な文法でなくても、日本語のなまりが入った英語でも一向に構いません

 

英会話やスピーキングでとにかく大事なのは積極性です。

 

英語を使って相手に伝えようと言う気持ちや、会話してみよう。覚えたことを使ってみよう。というプラスの行動が大事だということになります

 

完璧な英語が喋れるようになったら話すではまず、その日は来ないと理解した方がよいです。

 

 

特に日本語の教育は文法が主流になっていますが、考え方としては文法で完璧に固めるのは後です

 

まずは、口に出して話すことで、実践的で使える英語は身に着くと思ってもよいでしょう。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから