英語の発音は出来ないのが普通です。

英語は発音が出来なくて当たり前です。

日本人の悩みで英語の発音が出来ないと言う物があります。

 

私は完璧なネイティブの発音や言い回しや余程の天才か帰国子女位でないと無理に感じています。

 

あと、日本人の英語上達を阻んでいる最大の原因は、心もの持ち方にあるような気がしてなりません。

 

この心理的なポイントを克服出来ないと英語は上達しないと言えるでしょう。

 

 

英語上達を阻む心理的な壁とは

 

英語上達を阻むような心理的な壁は確かに存在します。

 

これをクリアしないと特にスピーキングの技術向上は難しいわけです。

 

壁と言うのは「完璧な英語で話そう」という思考回路となります。

 

実際に、日本で長年暮らしている外国人の方でも日本語を完璧には話せません

 

万国共通なのですが、日本語を喋ろうとしてもうまく発音が出来ない場合が多いのです

 

日本人はネイティブスピーカーに憧れますが、実際にネイティブの方が日本語を喋ったらどうなると思いますか?

 

もちろん、カッコ悪い発音も滅茶苦茶な英語が返ってくることでしょう。

 

ここから分かるのは、外国人だから英語の発音が出来ないのは当たり前と考えるようにしてください。

 

英語の発音が出来なくて当たり前と考えることで、肩の荷が下りて積極的に話に行ける場合が多いのです

 

積極性が身に着けば、それだけでスピーキングはどんどん上達して発音もよくなっていきます

 

さらに、教えるのが好きとか「自分の国の言語の興味を持ってくれた」と勝手に親近感を抱いてくれて、外国人が自ら無料で英語を教えてくれることもあるはずです。

 

それを考えれば、英語の発音は出来ないのが普通だから・・・と考えて、開き直って積極性を持って行うべきでしょう。

 

 

英語で論評するのを止める

 

英語の発音について論評をし出す場合があります

 

人の英語を聴いて、「あそこが、ああだ、こうだ」とか論評をする行動です。

 

英語の評論家になってしまうと、完璧に話さなければいけないなどの問題が生じてしまうことになります。

 

こういったプレッシャーからますます英語が喋れなくなる場合が多いです。

 

あと、言われた方も馬鹿にされるのが怖くなってしまうなどの場合もあり、英語の上達を低下させる原因になります。

 

これから脱却するには、「他人のことも、自分のことも気にしない」ことが大事です

 

余計なことは考えずに目の前に英語に集注することが大事と言えます。

 

日本人は英語の発音が出来ないのは当たり前と考えて積極的に行きましょう。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから