英語で怒る外国人もいます

英語で怒る外国人について

英語で怒る外国人という事ですが、ちゃんとした英語で喋ることが出来ないと怒り出す外国人ももちろんいます。

 

プライドが高いのか「バカにされている」と感じてしまう場合も多いのでしょう。

 

しかし、外国人を怒らせたからと言って気にする必要はありません。

 

 

このサイトでは何度も「スピーキングは失敗を恐れない事が大事」と言ってきました。

 

しかし、怒られるとどうしても、積極性が無くなる場合もあるわけです。

 

この場合の対処方法ですが、失敗した場合は「I’m sorry」と謝りましょう。

 

 

これで解決すればいいのですが、解決しない場合は相手にしない事が大事です

 

確かに、話しかけた外国人がたまたま、家庭内の問題などで機嫌が悪かったりする場合もあります

 

 

そうした時は、相手に対する理解ももちろん必要だと思うわけです

 

しかし、英語が下手くそだというだけで、怒り出すような外国人は相手にしない方がよいでしょう。

 

下手に気難しい人ばかりを相手にしてしまうと、英語上達を考えた上で障害になる場合も少なくありません。

 

 

何故なら、日本人が英語で喋る上で大事なのは、積極的にスピーキングを行うことだからです。

 

この場合ですが、世界には何十億と人間がいるわけです。

 

その中の、一人ぐらいに嫌われてもどうってことないと考えるようにしましょう。

 

 

理屈的に考えても、世界中の人すべてに好かれるのはほぼ不可能と言えます。

 

そこを考えてみても英語が下手で外国人を怒らして嫌われたとしても仕方がないのです。

 

 

むしろ、下手な英語でも頑張って英語を喋る日本人の方が好感をもたれる事が多いと言えます。

 

外国人があなたの英語を聴いて怒ったとしても気にしないようにしましょう。

 

 

ただし、「日本人向かってバカ」と言えば怒るように、外国人にも相手を怒らせることをいわない事も大事です

 

普通に話して英語が話して怒る外国人は相手にしないに限ります

 

 

それでも、覚えた英語は積極的に使って言って欲しいと思う所です。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから