英語が通じない理由

英語が通じない理由について

英語が通じない理由について考えてみました。

 

多くの方が、英語が通じない理由が「発音」のせいだと思っていないでしょうか?

 

確かに、発音の問題もあるかも知れませんが、通じない最大の理由は別のところにありました。

 

 

英語では積極的に使うことが大事です

 

覚えた英語を積極性を持って使っていると、次の壁にぶつかる事が多いと言えます。

 

それは、英語が相手に通じないことです。

 

多くの人が、自分の喋り方が悪いからだとか、発音が悪いから相手に聞き取りにくいと感じているでしょう。

 

しかし、実際にはそれ以前の問題で英語が通じていない場合もあります

 

 

日本人の英語が相手に通じない最大の理由

 

日本人の英語が相手に通じない最大の理由は、声が小さいことが上げられます

 

通じない理由の一位は、発音が悪いことではありません

 

声が小さいことが理由です。

 

日本人は英語になると小さい声になりがちなのですが、そこがいけないという事になります

 

注意したいポイントですが、なるべく大きな声で英語を喋るようにしてください。

 

 

英語と腹式呼吸の関係

 

英語を喋る時ですが、腹式呼吸で腹から声を出すのがポイントです

 

日本語はどちらかと言えば、腹からではなく口から発音しています

 

そのため響かない事が多いのですが、外国人の場合は腹の底から声を出すことが多いわけです

 

よって、英語の方が響くのが当たり前となります。

 

日本人も英語を喋る時は、口先だけで喋るのではなく、腹の底から声を出すようにしましょう

 

人によっては、声を大きくするだけで英語が通じるようになる人もいます。

 

確かに、日本字英語になってしまい発音が悪いなどの問題もありますが、声が小さいのも原因になるといことを覚えておいてください。

 

英語は元気よく大きな声でが基本です

 

ただし、怒鳴ったり必要以上に大きくする必要はありません。

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから