英語の発音記号は重要です。

英語の発音記号は重要です。

英語の発音記号は意外と重要だと知っているでしょうか?

 

私はこれを知らなかったがために、何年も英語を遠回りしてきました。

 

しかし、これを知ることで効率よく覚えることが出来ました。

 

ちなみに、私はどちらかと言えば、やり直し英語で英語を身に着けた口です

 

社会人になってから本格的な英語を始めたわけですが、発音記号を中学生のうちから知っておきたかったと言うのが本音と言えます。

 

 

英語の発音でつまずくところ

 

英語の発音で躓くところなのですが、「know」をなんて読みましたでしょうか?

 

「クノウ」と読みましたか?それとも「ノウ」と読みましたでしょうか?

 

ローマ字を意識して読めば「クノウ」になりますが、発音するうえでは違いますよね

 

次に、「小倉」はなんて読むでしょうか?

 

人によっては「オグラ」と読む人もいますし、人によっては「コクラ」と読みます。

 

これと同じ現象が英語では起きています。

 

結局のところ英語の発音と言うのはある程度の法則性はありますが、結局は「小倉」などの漢字と一緒できちんとした読み方を知らなければいけません。

 

ここで役に立つのが発音記号です。

 

 

発音記号が大事です

 

ここで英語の正しい発音を知るために開発されたのが発音記号です

 

発音記号の使い方の関しては、専門の書籍などで情報があるのでここでは掲載しません。

 

覚えておかなければいけないのは英語は表音文字ではないということです。

 

完全な表音文字ではないので、綴りに頼り切っていては英語のスピーキングはいつになっても出来ません。

 

さらに、英語であれば綴りが同じでも読み方が違う単語がかなりあり、発音記号の体系を知らずに覚えようとすると膨大な時間が掛かるわけです。

 

この発音記号をすることで英語のスピーキングなどの発音は短時間で効率よく勉強をすることが可能になります。

 

発音記号を習得することで、効率よく英語学習が出来るという事です。

 

しかし、マニアックな音声学のレベルまで覚える必要ないので主要記号を一通り覚えるようにしてください。

 

発音記号をしっかりと覚えておけば英語に日常会話位では困らないはずです。

 

ちょっとしたことを知っているかで、英語の勉強は効率も何倍も変わってくるという事が分かると思います

 


 

効率よく英語学習をしたい

もっと英語を上達したい

そのような方はこちらがお勧めです

当サイトでもお勧めしている英語学習方法となります。

お勧め英語学習はこちらから