英語のスピーキング教材

英語のスピーキング教材を解説いたします。

日本人がリスニングと同等に苦手なのが、スピーキングのはずです。

 

紙に書いてあるリーディングは出来るけど、スピーキングとなると全くダメな人もすくなくありません。

 

あと、日本人の場合は極端にネイティブスピーカーに拘っていて、発音や言い回しに憧れすぎている人もすくなくないです。

 

それを意識してかスピーキング教材を作る方も、「これでネイティブスピーカーの発音がマスターできる」などと購入者を煽りまくっていることも少なくありません。

 

スピーキング教材はCDがついていることも少なくありませんが、教材のタイトルが「君もネイティブスピーカーになれる」みたいな物なのに、なぜか著者のCDの発音がネイティブとはかけ離れている物すらあります。

 

中には、棒読みにような発音で、唖然とした人もいるようです。

 

個人的に下手にネイティブになれるなど極度にアピールしているようなスピーキング教材は好きではありません。

 

しかし、ネイティブになれると広告で宣伝しないと教材自体が売れないなどの問題もあるようです。

 

それでも、英語において会話をするにはスピーキングはかなり重要なスキルと言えるでしょう

 

自分にあったレベルの物を選んでとことんまでCDを聞きまくり勉強することをお勧めします。

 

中には、やればやりこむほどよさが分かってくる教材もあるので、そういう教材が一日も早く見つかることを願っております

 

このカテゴリーでは、英語のスピーキングの教材の口コミや効果などを紹介していきます。

 

評価を見てから購入は決めてくださいね。

 

英語のスピーキング教材記事一覧

超低速メソッド英語発音トレーニングの口コミ&効果

超低速メソッド英語発音トレーニングの概要外国人と会話したり、英語の映画を字幕でみているとき、知っている単語なのに上手く聞き取れなかった。単語が聞き取れず、何度もゆっくり言い直してもらう。これは日本人と外国人が英語でコミュニケーションをとるときよく起こる現象です。超低速メソッド英語発音トレーニングは英...

≫続きを読む

1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルールの口コミ

1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルールの概要1週間で英語がどんどん話せるようになる26のルールは、英語を話すことだけに特化した夢のような英会話勉強本です。難しいことは抜きにして実際に使われる英会話のルールを教えてくれているのですが、1週間で本1冊が終了するような勉強法になっているのでゴー...

≫続きを読む